首のイボを皮膚科で治療する時の料金は?健康保険は使えないの?

首のイボを皮膚科で治療する時の料金は?健康保険は使えないの?

首のイボを皮膚科で治療する時の料金は?健康保険は使えないの?

首のイボは自分で取れそうでとれない厄介もの。

 

毎回鏡で見るたびに、イボの数が増えていくような気がしませんか。

 

この首のイボ、しっかり取り除きたい時は皮膚科で治療を受けることができます。

 

保険診療が可能な場合もあるので、どのような治療方法があるのか、早速それぞれの特徴をご紹介しましょう。

 

首イボの種類について 

首のイボを皮膚科で治療する前に大切なことが、イボの種類を見極めること。自分で判断するのは難しいですよね。

 

首のイボは肌の老化によるものやホルモンの低下、また体質なども関係しているといわれています。

 

まず、首のイボはウイルスなどに感染してできるものと、それ以外の非感染のものとに分けられます。

 

ウイルス性のものは放っておくと、他の部分にも広がったり、他の人に感染させる恐れもあるのです。

 

ウイルス性の首イボ

 

首などにできるイボは、主には非感染型のもので、加齢が原因となってできるものです。

 

首イボは大きく分けて3種類です。

これらの首イボは良性タイプなので体に影響を与えるものではありません。

 

突然大きくなるものや、出血を伴う首イボは悪性の可能性もあるのでご注意ください。

 

皮膚科?形成外科?どの病院に行けばいいの?

イボを見つけて、病院に行こうと思っても、どの科に行けば良いのか悩んでしまうこともありますよね。

 

かんたんに、それぞれの病院の違いをご説明します。

皮膚科 皮膚疾患の内的、外科的治療を行う。良性・悪性を診断。良性のイボの場合は、積極的に治療をしない可能性もある。保険診療が主。
形成外科 生まれながらの異常や、病気や怪我などによって外見上・機能的に問題がある場合に外科的処置によって改善。保険診療が主。
美容外科 機能上問題はないが、コンプレックスなどを外科的処置により解決。治療ではないため、自由診療が主。

考え方としては、まずイボの悪性・良性を診断してほしい場合は皮膚科がベストです。

 

保険診療を重視するなら皮膚科見た目重視なら形成外科や美容外科などの選択肢が考えられます。

 

美容外科は治療の選択肢が比較的多く、個人の皮膚科になると治療の選択肢が少ない場合が多いですね。

 

医院によっては機材がないなど、希望した処置が受けられない可能性もあり、事前に確認が必要です。

 

治療の前に大切なのは、処置法について担当医師と話し合うことです。

 

跡が残るか、料金がいくらか、通院しなければならないのか、などなど。

 

メリット・デメリットをしっかり納得した上で、自分にあった処置を選択をしましょう。

 

首のイボを除去するのは痛い?病院のイボの施術について

 

保険診療と自由診療の違いは何?

日本では国民全員が健康保険や社会保険に加入することが義務付けられており、保険証を医療機関に提示することで、全国一律に同じ料金で同じ診療が受けられます

 

この保険証が使用できるのは、心身に異常があり治療の必要がある場合のみです。

 

人間ドックや予防注射、お産の際も異常がない場合は保険が使用できず、医療費は自己負担になります。

 

こうした考えから、イボを治療する皮膚科は保険適用内の処置が主に。

 

しかし、美容目的の処置を行う美容外科では基本的に自由診療であり、全額自己負担になります。

 

さらに、自由診療であるので、医院によって処置の価格を自由に決められるため、同じ処置であっても費用が医院ごとに違うのです。

 

皮膚科での外科的治療法は?保険は適用されるの?

皮膚科に行くと、まずイボの状態や大きさ、ウイルス性かどうかなどの診断を受けます。

 

保険を使用できるかなどを医師と相談し、治療法を決めていくことになります。

 

小さめのイボであればすぐに処置をしてくれる場合もありますが、数が多かったり大きなイボの場合は、後日処置を行うのが一般的です。

 

小さめのイボ(アクロコルドン・スキンタッグ)に対する治療

  • 液体窒素を使用した切除法(保険診療・可)
  • ハサミなどで切除する(保険診療・可)
  • レーザーを使用(保険診療・一部可)

 

大型のイボ(軟性線維腫)の治療

  • 手術(保険診療・可)
  • レーザーを使用(保険診療・一部可)

 

それぞれ初診料や再診料、麻酔費用などは別にかかり、外用薬(クリームや軟膏)を併用する事もあります。

 

健康保険が使用できるかは、治療法の選択により異なってきます。

 

レーザーは医院によって、全額負担のところもあれば、保険使用可能のところもあるので、初診の際や事前に確認してみると良いですね。

 

保険診療の方は再診料なども3割計算ですが、自由診療の方は再診料も100%負担になります。

 

また、自由診療の場合は病院ごとに再診料金が異なるので、通院する前に確認しておくと安心ですね。

 

こういった外科的な治療以外には、漢方を始めとした内服薬で様子を見るという場合もあります。

 

首のイボは漢方薬で治せる?体質改善の方法について

 

では、それぞれの治療法について、詳しく見ていきましょう!

 

液体窒素を使いイボを除去する方法 

首イボを皮膚科で治療する際に、一般的に行われるのが液体窒素を使う治療法。

 

マイナス196℃の液体窒素を綿棒に塗布、皮膚にスプレーするなどして、イボをかさぶたにして除去する方法です。

 

この治療方法は保険が適用される場合が多いため、低価格でできる点がメリットになっています。

 

治療中は痛みを伴う場合があり、稀に治療部位が色素沈着を起こしてしまうリスクもあります

 

目立つ場所のイボには、シミになる可能性からもあまりオススメできません。

 

料金は保険が3割負担の方で、630〜780円程度です。

 

首のイボを液体窒素で治療する方法と効果について

 

ハサミなどで切除

イボによっては、診察当日に医療用のハサミで切除してくれることもあります。

 

保険適用できる場合が多いので、金額も非常に低料金です。

 

メリットは硬化した部分を切り落とすだけなので、痛みも少なく跡も残りにくいこと。

 

デメリットは、スキンタッグのような飛び出ているイボは処置可能ですが、大きすぎるイボや平べったいイボ、ウイルス性のイボについては処置ができないのです。

 

また、硬化部分を切除しただけなので、再発の可能性が高いこともデメリットですね。

 

ハサミで処置をしてもらった場合は、首イボクリームを使うなどしてケアをすると予防になり、再発しにくいですよ。

 

「注意しよう!首のイボをハサミで切る危険性について」では、自分でハサミで切除する危険性をまとめています。

 

自分でハサミで切るのは、出血が止まらない、雑菌による化膿、ウイルス性で増殖などデメリットばかりなので、必ず医師に診断・処置をしてもらいましょう。

 

レーザー照射で皮膚を再生する方法 

首のイボを皮膚科で治療する時の料金は?健康保険は使えないの?

 

レーザー照射で首イボを治療する方法は、アンチエイジングのシミとり治療と同様に肌を削り新しい角質層を生成するもの。

 

治療では出血も少なく、痛みを感じにくい事もメリット。

 

さらに治療の傷跡が残りにくいため女性には人気がある方法です。

 

気になるポツポツ首のイボ!レーザーで除去する治療方法

 

首イボは治療をしても再発する可能性がありますが、レーザー治療の場合再発しにくいことも魅力の一つ。

 

費用が高めで保険適用されない場合もありますが、美容目的で行う女性には、多少の費用がかかっても魅力的な治療方法の一つといえます。

 

保険適用で3割負担だと主に5,000円〜、範囲の大きさによって金額が変わります。

 

自由診療の場合は医院にもよりますが、調べたところ1箇所324円、3,000円〜7,000円という病院もあれば、全範囲で32,400円という医院もありました。

 

費用に関しては、はじめに治療範囲や個数を元に、いくら掛かるのかをしっかり確認してくださいね。

 

手術で除去

日にちを決めて、麻酔をした上で、患部を切除します。

 

手術時間は大体15分程度。抜糸などで通院する必要があります。

 

手術は保険適用の場合、場所や範囲にもよりますが、3割負担で5,000円前後です。

 

切除したイボは、病理診断で悪性か良性かを、詳しく調べてもらうことも可能です。

 

内服薬を使う治療方法 

首のイボを皮膚科で治療する時の料金は?健康保険は使えないの?

 

皮膚科では外科的な治療だけでなく、内服薬を使った首イボの治療方法があります。

 

イボに効果があるのはハトムギから抽出したヨクイニンという成分を服用し、免疫力を高めイボを改善してきます。

 

この内服薬はイボだけでなく、ふきでものなどのトラブルにも効果があります。

 

首のイボに効き目があるヨクイニンって一体どんなもの?

 

しかし薬を飲んで治す方法は、手術とは異なり効果を実感するまでに時間がかかるデメリットがあります。

 

すぐに首イボを綺麗にしたい方は、内服薬よりもレーザー治療や液体窒素を使った治療方法の方が早く効果がでますよ。

 

まとめ

首のイボを正しく治療するには皮膚科で相談するのが一番ですが、最近では手軽に使える首イボケアのクリームやジェルも大変効果があり注目されています。

 

時間をかけながら、肌に負担の少ない方法で首イボを治す方法も参考にしてみましょう。

 

>>オススメの首イボ用クリームジェルはこちら