首のイボは遺伝する?原因と対策の基礎知識

首のイボは遺伝する?原因と対策の基礎知識

首のイボは遺伝する?原因と対策の基礎知識

首のイボは小さな目立たないものなら無視することもできますが、加齢とともに徐々に数が増えてきます。

 

この気になる首のイボは遺伝が関係しているのでしょうか。

 

そこで知っておきたい首のイボについて、基礎知識を理解と効果的な対策をご紹介します。

 

首のイボと遺伝性の関係は薄い 

首のイボの数が増えてくると、ふと自分の親もこんな風だったなんて思う瞬間がありますよね。

 

すると不安になるのが遺伝。

 

首のイボは親から遺伝するのでは、と心配になる方もいるようですがその可能性は極めて低いといわれています。

 

しかし全く無関係であることが証明されている訳でもありませんので、親が首のイボが多い場合はできるだけ注意をしたほうが安心ですね。

 

肌のタイプなど体質的なものは遺伝が関係していますので、首のイボも多少は遺伝が影響すると考える方もいます

 

では遺伝の影響が少ないのであれば一体どんな事が首のイボができる原因になるのでしょうか。

 

首のイボができる理由はなに?

首のイボは遺伝とはそれほど関係性がない為、誰にでもできる可能性があります。

 

最大の理由が加齢により肌の働きが衰えることです。

 

首イボは肌の細胞機能が低下しているサイン。

 

年齢とともに肌の新陳代謝が乱れ、肌表面に古い角質層が残ってしまいます。

 

さらに過剰に分泌された皮脂などの老廃物が硬化して首のイボになってしまいます。

 

年齢以外の原因としては、紫外線などの刺激も原因の1つです。

 

紫外線を浴びると体内で活性酸素が大量に発生し、体の細胞は老化を始めます。

 

すると肌の働きにも影響があり、ターンオーバーが乱れ肌には老廃物が残りやすくなってしまうのです。

 

また首はネックレスや衣類により肌が摩擦されることが多く、角質層がダメージを受けています。

 

このような原因は誰にでもおこる可能性がありますので、首イボは普段のお手入れがとても大事ですね。

 

首のイボを治す専用クリームについて 

首のイボは遺伝する?原因と対策の基礎知識

 

首イボの遺伝性はそれほど心配する必要はありません。

 

しかし加齢によるイボの原因は避けることができませんので、年齢とともに首のお手入れもしっかりはじめましょう

 

オススメは首イボ専用のクリームを使ったマッサージ。

 

イボは始めは目立たない程度の古い角質として残っていますが、色々な刺激をうけ徐々にサイズが大きくなります。

 

そこでイボを悪化させない為にも専用のクリームを使って角質ケアをはじめましょう。

 

原因となる乱れた肌のターンオーバーを正常化して、角質層の生成を活発にしてくれます。

 

首のイボはお手入れ次第で取ることが可能なため、肌の老化が気になり始めたら首専用のアンチエイジングで予防対策を始めたいですね。

 

まとめ

首のイボは遺伝性が関係しているものではありません。

 

しかし普段のお手入れを怠ってしまうと肌の新陳代謝が乱れ、同年代の人よりもイボができやすくなる可能性もあります。

 

首イボのクリームは美肌効果もありますので、イボの予防対策と同時にうるおいたっぷりの綺麗なお肌ケアをはじめましょう。

 

>>オススメの首イボクリームランキングはこちら