糸状疣贅ってなに?気になる症状と改善方法

糸状疣贅ってなに?気になる症状と改善方法

糸状疣贅ってなに?気になる症状と改善方法

糸状疣贅(いとじょうゆうぜい)という言葉は聞いたことがありますか。

 

これはイボの一種で、たぶん見たことがある人は意外と多いはずです。

 

イボと聞くととても大きなサイズを想像しますが、糸状疣贅とはどんなものか、原因と改善方法について見ていきましょう。

 

糸状疣贅の原因はなに?

私達の体は加齢とともに衰えてきますが、体力的なものだけでく肌も同様に老化が進みます。

 

すると免疫細胞が衰えて、小さな皮膚の傷から「ヒト乳頭腫」と呼ばれるウイルスがはいり、感染してイボができるの糸状疣贅の原因です。

 

皮膚の表面から突起物のように出現するのが特徴。

 

年をとると首や胸に小さなポツポツができますよね。

 

このポツポツは一見同じようであっても原因は色々。

 

糸状疣贅はウイルス侵入による場合は、適切な処置をしないといけません。

 

ウイルス性の首のイボとは?注意したい首イボの種類について

 

肌の働きが活発な場合は、ウイルスに感染しても攻撃できるため、自然と治癒する場合もありますが、加齢により肌の新陳代謝が正常でない場合は、イボとして表面に残ってしまうのです。

 

加齢によりできる可能性が高いイボですが、最近では糸状疣贅ができる若年層も増えているといわれていますよ。

 

糸状疣贅の3つの治療方法 

糸状疣贅ってなに?気になる症状と改善方法

 

糸状疣贅ができたらどうしたらいいの?

 

そんな不安な方に知っておいていただきたい3つの治療方法をご紹介しましょう。

  • 液体窒素を使う
  • ハサミで切り取る
  • レーザー治療 

これらの治療は皮膚科などの医療機関で行っています。

 

首のイボを皮膚科で治療する時に前に知っておきたい基礎知識

 

液体窒素

 

綿棒に液体窒素をつけたものでイボをマイナス200度に凍らせて焼ききる方法です。

 

液体窒素の治療は保険適用が出来る方法。

 

痛みがあり、再発する恐れもあります。

 

コストを抑えて治療をした方にはオススメです。

 

首のイボを液体窒素で治療する方法と効果について

 

レーザー治療 

部分麻酔をしてレーザーでイボを焼ききる方法です。

 

レーザーのメリットは痛みが少なく、治療時間も短時間。

 

さらに再発しにくいという点も人気。

 

しかしレーザーは保険適用外になるため、コストがかかってしまうのが難点ですね。

 

気になるポツポツ首のイボ!レーザーで除去する治療方法

 

ハサミを使う方法 

医療用のハサミを使用して、イボを根元から切り取る治療方法です。

 

糸状疣贅は表面から飛び出したようにできるため、ハサミで切りやすい形状であることが特徴。

 

ほかのイボでは綺麗に切り取れない場合もありますが、ハサミの治療は糸状疣贅に適しています。

 

まず局所麻酔を行い、ハサミでイボを切り取ります。麻酔をするため痛みが苦手な人でも安心です。 

 

注意しよう!首のイボをハサミで切る危険性について

 

治療方法は大きく分けてこの3つになりますが、ほかにも漢方療法ハトムギを摂取する治療方法などもあります。

 

糸状疣贅は予防が可能なので、日頃から首のマッサージなどで、肌を健康に保つことも大切ですね。

 

手術を受けると術後の回復が心配になる場合もあり、思った以上に跡が首に残ってしまうなんてこともあります。

 

治療を受けたい方は、まず病院で相談してみましょう。

 

まとめ

小さなポツポツは、加齢とともに自然に増えていきます。

 

首は年齢がでやすい部位なので、日頃のお手入れはイボの予防やアンチエイジングとしても大切ですね。

 

イボ専用クリームを活用して、お肌のお手入れをするのも方法の一つです。

 

>>糸状疣贅にも効く?!イボ専用クリームはこちら!