黒い首イボはほくろ?それとも皮膚ガン?その見分け方と対処法!

黒い首イボはほくろ?それとも皮膚ガン?その見分け方と対処法!

黒い首イボはほくろ?それとも皮膚ガン?その見分け方と対処法!

イボの中でもほくろのように黒い色をした首イボはいくつもあります。

 

健康に全く害を及ぼすものではない首イボから、放置しておくと危険な首イボ、さらには首イボだと思って放置していると危険な悪性腫瘍など本当にいろいろな種類や状況があるのです。

 

ここでは、さまざまな黒い首イボに関してのご紹介をしていくことにしましょう。

 

そして黒い首イボを徹底ケアするために必要なアイテムも一緒にご紹介いたします。

 

首にできる黒いイボの正体を知ろう

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

 

黒い首イボの多くは、この老人性疣贅であることがほとんどだといっても過言ではありません。

 

名前からもお分かりいただけるように、加齢によって肌のターンオーバーが衰えたり、古い角質が滞りがちになる、外部刺激などの蓄積が原因で起こります。

 

より詳しく知りたい方は「老人性疣贅」でまとめています。

 

良性で若い人でもできることもしばしば

この老人性疣贅は黒いものだけでなく、赤っぽいものや褐色のものまでいろいろな色があります。

 

体の害を及ぼすものではないものの、この老人性疣贅が首元にあることで老けた印象を相手に与えてしまうという難点があります。

 

血管腫(けっかんしゅ)

黒っぽいイボだと思っていたら血管腫だったということも少なくありません。

 

通常赤っぽいイボのようなほくろのような状態のものが多いのですが、首元ではなく唇や舌にある場合には黒っぽく見えるという場合も良くあります。

 

赤い首イボの正体は老人性血管腫だった?その症状と原因、治し方

 

良性なので問題はないが、生活の中で邪魔になるようであれば取ることも

血管腫は老人性疣贅同様、良性で健康に害はありません。

 

小さな血管の奇形によるイボであるため、気にならないようであれば取らなくても大丈夫です。

 

ですが、首元であまりにも大きくなってしまう、生活するのに邪魔になるという場合には取るというケースも良くあります。

 

首のイボを除去するのは痛い?病院のイボの施術について

 

基底細胞癌(きていさいぼうがん)

黒いイボのような場合もありますし、ほくろによく似ているという場合もあり、イボ化ほくろかと勘違いしているうちに大きくなってしまい発見されるということが多くなっています。

 

癌という通り、悪性の腫瘍となります。

 

首にできた黒いイボが大きくなってきた、中心が陥没してきたなどの症状がある場合には、この基底細胞癌を疑いましょう。

 

転移がなければ患部を切除するだけで完治することが多い

癌といっても命にかかわるまで悪化することが少ない癌で、見つけたら切除することで完治することが多くなっています。

 

首イボが黒くて次第に大きくなってきたという場合には、皮膚科に一度受診しましょう。

 

悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)

黒いイボというよりは大き目のほくろといった方がしっくりくる、非常に悪性の高い癌で放置してしまうと命に大きく影響を及ぼします。

 

形がいびつ、黒色にムラ、肌との境目がイボよりもはっきりとしない、ほくろやイボなどのサイズよりも大きいという場合には大至急受診しましょう。

 

黒い首イボが目だって気になるならイボケアクリームでしっかり継続ケア

黒い首イボはほくろ?それとも皮膚ガン?その見分け方と対処法!

 

黒色のイボが、悪性の腫瘍でない場合は、自宅で簡単にできるケアクリームの使用をオススメします。

 

黒いイボができて首元の若々しさや美しさが損なわれている場合には、すぐにでもイボケアクリームを使い始めて首元のイボを撃退しましょう。

 

首元に黒いイボができるということは、首元の肌が弱っているという証拠です。

 

首イボをケアしながら、肌ケアも同時におこなうことができるイボケアクリームなら、使い続けるうちにもとの美しいデコルテを再び手に入れることができるようになります。

 

首のイボに効き目があるハトムギの効果と効能について

 

首イボケアクリームならイボの原因を根本から改善、きれいな仕上がり

首イボのケアをする際におススメの首イボケアクリームなら、いくつものスキンケア効果を同時に発揮させることができます。

 

首イボの根本原因に働きかけイボをきれいに治すだけでなく、首イボのあった部分の肌の仕上がりもきれいな状態に仕上げることができるのです。

 

跡に残ってしまったり、色素沈着を起こして長期にわたりコンプレックスになってしまうことのないようにケアしていくことができるのは嬉しいですよね。

 

メラニンが多い首の黒いイボ、メラニン生成を抑え新たな黒イボを作らせない

首イボケアクリームを使うことで、イボのある肌細胞を排出する働きを促進していきますが、黒いイボの部分はメラニンが多く生成されやすい部分であることも気をつけなければなりません。

 

せっかくケアしても周辺に再び黒い首イボができてしまうといういたちごっこを避けるため、首イボケアクリームを継続してつかうようにしましょう。

 

首イボケアクリームは肌の状態を良好に保ち、新しい首イボができにくい肌環境を作りだすことができます。

 

使い続けることで、さらなる黒い首イボに悩まないようになるのです。

 

首のイボがかゆい時の対処方法について

 

まとめ

首イボの中でも、特に黒い首イボは非常に目立つため、無理矢理毛抜き爪きりで取ってしまう、焼き切ってしまうなどという人もたまに見かけることがあります。

 

しかし、その行為ではきれいになりたいから、首イボが気になるからという、首イボを取ってスッキリきれいになりたいという本来の目的を達したとは全く言えません。

 

それどころかさらに新しい傷跡や、ばい菌や雑菌の温床を作り、肌トラブルのもとを生みだしメラニン生成をより深刻化させる要因を作りだしてしまっているだけなのです。

 

また、黒い首イボは悪性腫瘍の可能性もあるため、気になる場合は皮膚科を受診して見てもらうと安心です。

 

黒くて目立つ首イボを本当にきれいにしたいのであれば、迷うことなく首イボケアクリームを使ってケアしていくという方法を選び、時間をかけて本来の自分の肌の健康や美しさを取り戻していくようにしましょう。

 

>>人気の首イボ専用ケアクリームランキングはコチラ