木酢液で首のイボがとれる!?使い方と気になる効果について

木酢液で首のイボがとれる!?使い方と気になる効果について

木酢液で首のイボがとれる!?使い方と気になる効果について

首のイボをとるには木酢液を使う方法があります。

 

そもそも木酢液とは何か、どのように使うのか、首のイボケアについて見ていきたいと思います。

 

首のイボはできれば綺麗に除去したいもの。

 

木酢液の意外な効果についてご紹介しましょう。

 

木酢液とはいったい何?

首のイボがとれる木酢液。

 

こんな話を聞いことがある人がいると思いますが、実は木酢液が何か知らない人も多いはずです。

 

そもそも、木酢液とは木炭を作る時にできる副産物。

 

色は茶褐色や赤褐色の液体です。

 

木材由来の有機酸、酢酸、アルコールなどが成分に含まれ、かつてはアルコールを作る時にも木酢液を使用していたこともあります。

 

現在の主な用途には以下のようなものがあります。

  • 害虫対策
  • 動物よけ
  • 入浴剤
  • 消臭剤 

独特な木の香りを好む方も多く、利用方法は大変幅広く使われています。

 

木酢液は木材を炭にする際、煙が水滴となったもの。

 

主な成分である酢酸以外にも、有効成分はなんと200種類〜400種類もあるといわれています。

 

近年民間療法でも大変注目されています。

 

首のイボをとる方法

木酢液で首のイボがとれる!?使い方と気になる効果について

 

首のイボがとれる木酢液ですが、肌に与えるメリットは以下の通り。

  • 皮膚疾患の改善
  • 水虫や足のひび割れの改善
  • アンチエイジング
  • 殺菌消毒効果
  • 角質を柔軟化 

このように木酢液は肌の健康を維持するために、とてもメリットだらけなのです。

 

殺菌効果がある為、ウイルス性のイボのケアにも最適です。

 

ウイルス性の首のイボとは?注意したい首イボの種類について

 

ではどのように首のイボに使うか、使用方法をご紹介します。

 

原液の木酢液を薄め、ガーゼやコットンに湿らせたものを絆創膏でイボに貼り付けます。

 

30分ほど放置してゆっくりはがします。

 

このケアを2週間から1カ月ほど続けると、イボが取れやすくなり引っぱると簡単に除去できるまで小さくすることが可能です。

 

木酢液を使用する際はいくつかの注意点があります。

  • 原液でなく必ず薄めて使うこと
  • 頻繁に肌につけないこと
  • 専門店で購入した質のよい木酢液を使用する
  • 2年以上熟成したものを選ぶ

 

木酢液と併用したい専用クリームとは?

木酢液は酸が強い為、正しく使用しないと肌にダメージを与える可能性があります。

 

そこで併用して使いたいものが、首イボの専用クリームです。

 

保湿効果が高く、アンチエイジングに効果がありますので、老人性イボにはとてもメリットになります。

 

老人性疣贅とは?老人性イボとも呼ばれるイボができた時の対処法

 

首イボの専用クリームで毎日マッサージをすると、肌のターンオーバーが活性化され、古く硬化した角質も綺麗に取れやすくなります。

 

首のイボをとる方法のなかでも、一番負担がなく肌に良いオススメの方法です。

 

クリームは肌が敏感な首や胸、腕などにも使えますので、木酢液を使った方法にプラスするとさらに効果的ですよ。

 

まとめ

首のイボに効く木酢液ですが、どんなタイプを使ってもいいワケではありません。

 

肌に合う質の高い木酢液を選びましょう。

 

または首イボの専用クリームを使って、毎日のスキンケアとしてお手入れする方法もとても効果的。

 

特に敏感肌の方にオススメですよ。

 

>>人気の首イボクリームジェルはこちらのランキングで発表しています