老人性疣贅とは?老人性イボとも呼ばれるイボができた時の対処法

老人性疣贅とは?老人性イボとも呼ばれるイボができた時の対処法

老人性疣贅とは?老人性イボとも呼ばれるイボができた時の対処法

老人性疣贅という名前を聞いたことがあるでしょうか。

 

あまり耳にすることがない老人性疣贅とは、一般的にいうと老人性イボと言うものになります。

 

また、老人性疣贅は、脂漏性角化症と呼ばれることもあり、年齢を重ねる事によってできてくるイボだということがお分かりいただけるでしょう。

 

お年寄りの顔を見ると、この老人性疣贅や、シミなどがたくさん増えてしまっている事に気づきます。

 

ですが、「年寄りだから仕方ない」と思って諦めている人も少なくないでしょう。

 

果たして、年齢的なものだけが老人性イボを作り出しているのでしょうか。

 

老人性イボの正体を知ると、年齢リスクはあるにしても、その他の要因でできてしまっている人も少なくないようです

 

イボの名称にばかり囚われていると老人だけが悩むイボというイメージですが、実は生活の仕方などで若くとも発症してしまうのです。

 

老人性疣贅とはどのようなものを指すのか

では、加齢によってできてくる、この老人性疣贅とはどのようなイボを指すのでしょうか。

 

老人性疣贅は顔や首などにできる、ぽつぽつとしたイボで、これは良性の腫瘍となります。

 

できる部位としては、皮膚の薄い柔らかい部分にできやすく、できる条件としては肌トラブルや紫外線ダメージを多く受けた部分にできやすくなります。

 

痛みやかゆみがあらわれないため、目立たない部分にできてしまうと大きくなるまで気が付かないというケースも良くあります。

 

首のイボがかゆい時の対処方法について

 

良性のため放置していても体に害はありませんが、放置したために数が増えてしまったり、老人性疣贅が大きくなってきたり、色が濃くなってきたりするという場合も多くなります。

 

衣類やアクセサリーの擦れでも生じる

老人性疣贅は、衣類やネックレスなど貴金属などの擦れで生じる事があります。

 

これは、老人性疣贅が首や胸に多く見られる事が、考えられる理由の1つです。

 

首や胸に老人性疣贅が、多く見られる場合はタートルネックや貴金属の着用は控えましょう。

 

老人性疣贅の予防法

老人性疣贅は加齢による肌の代謝不良や、ターンオーバーが長期サイクルに変わってしまう事で生じやすくなるでしょう。

 

ですから、それらを引き起こさないための生活スタイルが望まれるのです。

 

以下にあげるのは、日常的にできる対策です。

 

食生活の改善

肌の代謝を促すビタミンCや、ビタミンB群などが豊富に含まれている野菜や果物を積極的に摂取しましょう。

 

三食にそれら全てをバランス良く入れる事が難しい場合は補助的にサプリメントの使用も良いですね。

 

睡眠改善

ターンオーバーは睡眠中に行われます。

 

古い角質を排出する役割を担う為、イボのような異物を大きく増やさないためには、良質な睡眠が望まれるでしょう。

 

加齢が伴うと、頻尿で悩まされる人も少なくないため、睡眠が阻害されたり、中高年では、プレッシャーのかかる仕事などでストレスが溜まり、ターンオーバーが乱れる事があります。

 

音楽や香りなどの五感を刺激して良質な睡眠が得られるようにしましょう。

 

喫煙は控える

喫煙は、肌代謝をサポートする有効成分ビタミンCの吸収を破壊してしまいます。

 

老人性疣贅だけでなく、美容上の、あらゆる改善にストップをかけてしまう要因でしょう。

 

本数を減らす事から徐々にしてみてはいかがでしょうか。

 

最近は禁煙グッズなども購入できるため、上手に利用して、肌全体の代謝サイクルを正常化させてあげましょう。

 

シミも同時にできやすくなる

老人性疣贅ができる箇所をよく見て見ると、同時にシミができているケースが多いです。

 

と言う事からすれば、老人性イボも、シミと同じように紫外線の影響がとても大きい事に気付かされます。

 

老人性疣贅、シミどちらも予防するには、紫外線対策が一番有効な手段となるでしょう。

 

また、紫外線対策は通年する必要があり、ついつい紫外線対策をおろそかにしてしまいがちな冬場などに浴びた紫外線が老人性疣贅を作り出してしまうでしょう。

 

老人性疣贅の対処方法は?

老人性疣贅とは?老人性イボとも呼ばれるイボができた時の対処法

 

では、老人性疣贅を見つけたら、いったいどのように対処したらよいのでしょうか。

 

老人性疣贅への対処方法は、大きく分けておもに2つあります。

 

病院での治療

老人性疣贅に悩んでいて、比較的大きかったり、色が濃いイボ、また非常に数の多い老人性疣贅に悩んでいる場合、病院での治療が良いでしょう。

 

病院での治療は、老人性疣贅を切除する方法や、レーザー治療液体窒素などを使用する方法があります。

 

保険適用範囲か?

老人性疣贅の切除は、その大きさや質により、治療法が様々です。

 

実際は、良性のイボを取り除くという意味では、保険適用範囲で治療する事ができます。

 

ですが、さらなる美容上の目的があってレーザー治療法を受ける場合は、保険適用外となるでしょう。

 

どのような施術とアフターケアをしなければならないかなどは、

 

老人性疣贅の大きさや症状などによって治療方法が異なってくるので、主治医と良く相談の上、治療方針を決めるようにしましょう。

 

病理検査が必要な老人性イボもある!

実際に老人性イボを取り除いたけれども、病理検査に回されるケースもあります。

 

と言うのは、老人性イボにとても似た症状が皮膚ガンの一種にとても似ているからです。

 

皮膚ガンは年齢関係なく生じるため、早めに、診断をつけてもらう必要があります。

 

また、血縁者にそうした皮膚ガンを患った人がいれば、そうした内容を医師に話しておく必要もあるでしょう。

 

自宅でのセルフケア

老人性疣贅を自宅でケアするには、イボ専用クリームやイボケア商品が非常におススメです

 

これらのイボケア商品には、イボを除去するために有効な成分がたっぷりと含まれているうえ、イボが治った後のアフターケアとして肌の状態を整えたり、跡が残らないようにする成分も同時に配合しています。

 

20代でもできてしまう老人性イボ

老人性イボは、早くて20代でも発症してしまいます。

 

20代でも首にイボができる?!20代の首のイボは老化現象なの?

 

特に、サマースポーツやウインタースポーツなどを盛んにされている方は、紫外線に当たる機会や量が多いため、紫外線の影響を受けていない同年代と比較するとかなりリスクが高まります。

 

また、年中野外で作業をするような職種や、いくらオフィス内だかといっても自分のデスクの定位置が紫外線を受けやすい場所でも同じ事が言えるでしょう。

 

それに加え、遅くまで飲み歩く事が多ければ寝不足となりターンオーバーも乱れて、余計に老人性イボのできやすい肌となるのです。

 

若いからと言って安心と言う事では決してありません。

 

イボ専用ケアで無理のない老人性イボ除去を!

イボ専用クリームやイボケア商品を使用して、ある程度の期間継続してケアすることによって、跡が残らないようなきれいなイボの除去が実現できます。

 

時間に都合をつける必要もなく、医療機関に通う手間も必要が無いため、経済的にも身体的にも非常に楽な治療方法だといえるでしょう。

 

老人性疣贅ができてしまったら、そして今ある老人性疣贅を大きくならないようにするために、なるべく早くイボケア専用商品を活用して、自宅でのセルフケアをするようにしましょう。

 

イボケアの成分とは

イボケアの成分は、ハトムギエキス杏エキスなどの植物性成分が多いです。

 

また、肌全体に潤いを与えて炎症も抑えるアロエなども配合されています。

 

それに加えて、肌の保湿を十分に補い、角質を柔らかくしたりターンオーバーを正常化させたりするヒアルロン酸やプラセンタなどの成分などを配合しているイボケアがあります。

 

さらに、スキンケア効果の高いオールインワンジェルタイプなどもあるため、イボだけでなく、肌全体の美しさを保つなどの用途が広がります。

 

多種あるイボケアを比較して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

老人性疣贅は、あるだけで見た目年齢を老けさせてしまう要因になります。

 

老人性疣贅をしっかりと解消することは、見た目の若々しさ、美しさを保つうえで非常に重要な事なのです。

 

老人性疣贅は放置していても良くなるとは限りません。

 

老人性疣贅で悩んでいるのであれば、まずはぜひイボ専用クリームやイボケア商品を使って、少しでも早くセルフ対処を始めてみましょう。

 

>>老人性疣贅対策におすすめの首イボケア