脂漏性角化症の症状とは?原因を解消して予防する治療方法まとめ!

脂漏性角化症の症状とは?原因を解消して予防する治療方法まとめ!

脂漏性角化症の症状とは?原因を解消して予防する治療方法まとめ!

脂漏性角化症という言葉をご存じでしょうか?

 

この症状は別名「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」と呼ばれるように、年齢を重ねると誰しもが起こるかもしれない肌の代表的な悩みの1つなのです。

 

そんな脂漏性角化症についての原因から治療法までを詳しくご紹介していきます。

 

脂漏性角化症とはどんな症状なの?

脂漏性角化症とは皮膚にできる良性の腫瘍の一つです。

 

一般的に「年寄りイボ」とも呼ばれ、加齢とともに増えていくのが特徴です。

 

一般的には皮膚の老化現象の1つですが、遺伝的な要因も関係するといわれているため早ければ20〜30代の若い方にもできることがあるので注意が必要です。

 

脂漏性角化症の症状とし代表的なのが、ざらざらとしたイボのような状態の皮膚の盛り上がりです。

 

始めは1〜2ミリ位とごく小さいですが、放置するとと少しずつ大きくなっていきます。

 

イボの色は淡褐色から黒色までと様々です。

 

形としては平らな物から隆起するものまであり、痒みや痛みが現れない場合がほとんどですが、中には痒みを伴うものもあります。

 

脂漏性角化症の原因とは?

脂漏性角化症の症状とは?原因を解消して予防する治療方法まとめ!
画像引用:こころ皮フ科クリニッック

 

それではどうして脂漏性角化症は発症するのでしょうか。

 

1番大きな要因は、紫外線により肌のダメージが蓄積されていくと起こりやすいということです。

 

通常紫外線をあびると、皮膚の表面でメラニン色素が作られ、皮膚の中まで紫外線が入らないようブロックしてくれます。

 

このメラニンの働きは肌の新陳代謝であるターンオーバーによって肌の角質とともに垢として排出されます。

 

しかし、年齢を重ねることにより肌のターンオーバーが衰えてくると、メラニンの排出が上手くいかなくなり、段々紫外線のダメージが肌に蓄積されやすくなります。

 

こうした老廃物がシミとなり、やがて脂漏性角化症になるのです。

 

このイボは体のどの部分にもできますが、上記に書いたとおり特に直射日光が当たり紫外線ダメージを受けやすい部分である顔や、皮膚が柔らかい部分である首元ができやすい傾向にあります。

 

顔や首元にできるとどうしても目立ってしまいますので、肌の気になる悩みになってしまう方が多いです。

 

見た目の美しさという面からは特にオシャレに気を使う部分ですので、どうにかして治療したいですよね。

 

脂漏性角化症の治療方法は?

脂漏性角化症の症状とは?原因を解消して予防する治療方法まとめ!

 

このような脂漏性角化症は、いったいどのようにして対処するべきなのでしょうか。

 

脂漏性角化症ができはじめて悩んでいる人でも、どのような方法で治療すればよいのか、1つずつ解説します。

 

液体窒素による凍結療法

イボの部分にマイナス20℃ほどの液体窒素をあてて、凍結させてかさぶたを作ります。

 

すると肌の自然のサイクルによって1〜2週間後にかさぶたが取れイボも自然に除去されます。

 

麻酔が必要ないためもっとも一般的に行われている治療法ですが、大きさによっては傷跡が残ったり、激しい痛みを伴う場合もあります。

 

必ず主治医に確認しましょう。

 

皮膚科など病院で行われる場合は健康保険が適応されるため費用はそれほどかかりません。

 

首のイボを液体窒素で治療する方法と効果について

 

レーザーによる治療

炭酸ガスのレーザーをピンポイントでイボに数秒間照射して、細胞組織を蒸発させ除去します。

 

局所麻酔を行うため、痛みはほとんど感じませんし出血もほとんどありません。

 

ただ脂漏性角化症が無数にある場合は何回かに分けた照射が必要ですので通院する必要があります。

 

傷跡が残りにくく体への負担は軽いですが、保険が適応されない場合が多く全額自己負担となりますので、費用が高額になる可能性があり覚悟が必要になります。

 

気になるポツポツ首のイボ!レーザーで除去する治療方法

 

手術による切除治療

また、脂漏性角化症のサイズが大きくて液体窒素やレーザーでは対処が難しい場合は、メスを使いイボを切除する方法があります。

 

除去した後の手術の傷跡は、2週間ほどで目立たなくなります。

 

健康保険が適用されるため費用はそれほどかかりませんが、およそどのくらい必要かは事前に主治医に確認してみたほうがよいでしょう。

 

こうした病院や専門機関での治療は、脂漏性角化症の大きさや形、痛みや痒みなどによって治療方法や治療にかかる期間、通う回数などが大きく変わってくる為、どうしても時間をとられてしまいます。

 

首のイボを皮膚科で治療する時に前に知っておきたい基礎知識

 

自宅でケアする

脂漏性角化症の症状とは?原因を解消して予防する治療方法まとめ!

 

もし初期の脂漏性角化症の場合、自宅で手軽にケアできる方法があります。

 

それはイボをケアする専用クリームなどの商品を使用して、毎日肌のケアをコツコツおこなうことです。

 

すると脂漏性角化症を目立たなくさせたり、症状を改善させることが出来ます。

 

自宅でのケアの大きなメリットは、自分の好きな時間にできるということです。

 

通院などに時間をとられることもありませんし、痛い思いをする事もありません。

 

さらに費用もあまりかからないですし、難しいアフターケアも必要としません。

 

ケアの方法もただクリームなどをイボの部分にピンポイントで塗ったりするだけなので、簡単で面倒くさくありません。

 

ポイントは早期に発見することです。そうすれば短時間で治療できる可能性が大きくなります。

 

ただし、イボ専用のクリームやケア商品を使わないと効果がありませんので選ぶ際には気をつけましょう。イボに効く成分が含まれていることが大切です。

 

首のイボを取るジェルクリームランキングとして、当サイトでも人気の商品をランキングで紹介しています。

 

種類もオイルやジェル、クリームなど様々あります。

 

また配合されている成分や原料も色々ありますので、自分にあったものを色々試して探してみましょう。

 

まとめ

年齢を重ねると、どうしても肌へのダメージも蓄積されていきます。

 

まずは原因となりやすい紫外線の予防に日ごろから日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や手袋を着用するなど心がけましょう。

 

そして肌が出すサインにいち早く気づきダメージを受けている部分を早めにケアすることで、脂漏性角化症の改善はもちろん、この先にできるであろう様々な肌のトラブルを予防することもできます。

 

もし脂漏性角化症になってしまったら、まずはイボ専用クリームやイボケア商品を購入して自分自身でのケアから始めてみましょう。

 

こうしたケアで、いつまでも綺麗な自分でおしゃれを楽しみたいですね。

 

>>脂漏性角化症対策のイボ専用クリーム