アクロコルドンの原因とは?首イボを除去する方法まとめ!自宅で取れる?

アクロコルドンの原因とは?首イボを除去する方法まとめ!自宅で取れる?

アクロコルドンの原因とは?首イボを除去する方法まとめ!自宅で取れる?

首にぽつぽつとしたイボ、気になることがありませんか?

 

いったいいつの間に?!と思う方が殆どだと思います。

 

このページでは首元のぽつぽつしたイボの中でも、アクロコルドンと呼ばれるもののできる原因や、対処方法をまとめています。

 

アクロコルドンとは?

知らない間に首にできたイボ。

 

そのイボはアクロコルドンという良性の腫瘍かもしれません。

 

アクロコルドンはターンオーバーの乱れなどにより、古い皮膚組織が堆積し硬化したものです。

 

体に害はありませんが、放置しているとどんどん数が増えたり、大きくなる恐れがあります。

 

アクロコルドンのできる原因

アクロコルドンができる原因としては、やはり加齢という要因が最も大きいといえるでしょう。

 

歳をとると代謝が下がってしまうのと同様に、加齢によって肌のターンオーバーサイクルが遅くなります。

 

肌の老廃物や古くなった角質を上手く排出できなくなることから、それらがたまりアクロコルドンが出来てしまうのです。

 

肌の乾燥や、長年蓄積されてきた紫外線のダメージなども大きな原因ですので、歳を重ねるごとにアクロコルドンの患者数は増えていきます。

 

加齢が主な原因であるため、アクロコルドンは老人性イボなどとも呼ばれています。

 

ただ、まれに若いうちからできる方もいるようなので、遺伝的にイボができやすい場合は注意が必要です。

 

高校生なのに首イボができた!?イボを増やさずキレイに治すには!

 

アクロコルドンの特徴

アクロコルドンの原因とは?首イボを除去する方法まとめ!自宅で取れる?

 

色は肌色もしくは褐色で、2〜3ミリ程度の小さく平べったい形状をしているのが特徴。

 

できやすい場所としては、主に首元や脇の下など皮膚が柔らかい場所ですね。

 

首元は髪の毛、衣類やネックレスなどで摩擦が生じやすいと同時に、見た目の印象を大きく左右する部位でもあります。

 

アクロコルドンは目立たないため発見が遅れがちです。

 

見つけたら、少しでも早めの対処を行うことをオススメします。

 

またまれにウイルス性や、悪性腫瘍のものの可能性もあるため、まずは医療機関で診断を受けると安心です。

 

皮膚科でアクロコルドンを治療する場合

ではまず皮膚科美容クリニックなど、医療機関でアクロコルドンを除去する方法をみていきましょう。

 

料金や健康保険の適応などは「皮膚科での首イボ治療方法とは?費用や料金、健康保険は適用される?」でまとめているので、参考にしてください。

 

切り取る方法

病院で治療する場合の処置としては、まずアクロコルドンをハサミなどで切り取るという方法があります。

 

アクロコルドン自体に痛みなどがないため、それほど大掛かりな処置ではありません。

 

方法としてはとても簡単で局所麻酔をした後ハサミや高周波メスなどでイボを切除するというものです。

 

ただ、ひとつひとつ切除するため、数が多いと時間がとてもかかります

 

手術後は切除した部分がになっているため、軟膏をぬるなどのアフターケアに時間が必要です。

 

注意しよう!首のイボをハサミで切る危険性について

 

凍結療法

次に凍結療法という方法があります。

 

液体窒素で皮膚表面を死滅させるというものです。

 

液体窒素は-200℃の超低温の物質ですので、イボを一気に凍結させることが可能です。

 

専用のピンセットや綿棒を使い、ひとつひとつ摘むようにイボを凍結させていきます。

 

凍結したイボはおおよそ1〜2週間で自然にかさぶたになり消えていきます。

 

こちらの方法も数が多いと病院での処置には時間がかかり、色素沈着を起こす可能性も高くなっています。

 

首のイボを液体窒素で治療する方法と効果について

 

レーザー治療

アクロコルドンの原因とは?首イボを除去する方法まとめ!自宅で取れる?

 

レーザー治療では炭酸ガスのレーザーにより、イボを瞬間的に焼ききります

 

こちらは傷が残る事はあまりありませんが、アクロコルドンの数が多い場合数日にわけて処置するため、通院に時間を拘束されてしまいます。

 

こうした病院や専門機関での治療は保険の適用がないところが多く、費用の負担が大きくなる覚悟が必要な事もあります。

 

さらに治療後はアフターケアやダウンケアが必要だったりと、ある程度の期間は定期観測が必要です。

 

治療する前に必ず専門のドクターに相談し、症状にあう治療やどれくらいの予算が必要かなどをしっかり確認しましょう。

 

気になるポツポツ首のイボ!レーザーで除去する治療方法

 

アクロコルドンを自宅で除去する方法

アクロコルドンの原因とは?首イボを除去する方法まとめ!自宅で取れる?

 

切り取るなどの自己流での処置は、アクロコルドンの平べったい形状からも向いておらず、また雑菌の侵入や、傷跡になることからもオススメはできません

 

では自宅で除去する方法はないのかというと、そんなことはありません。

 

アクロコルドンができる原因は、肌のターンオーバーサイクルの乱れであるとご説明しました。

 

そのためアクロコルドンを除去するには、肌の再生力を取り戻し、自力で古い組織を排出できるようにサポートしてあげる方法があります。

 

自分でできるケアと予防方法

自分でできるケア方法が、首イボの専用除去クリームの使用です。

 

イボケアクリームには保湿成分が入っていますので、アクロコルドンの硬くなった古い角質を柔らかくし、排出しやすくする効果があります。

 

大きなメリットは、アクロコルドンが治った後も、傷跡を残すことなく肌を健やかに保つことが出来るということ。

 

自宅にいながらのんびり首イボ商品でケアをして、跡を残さずに、肌自体の再生・排出する力を向上させることが出来ます。

 

わざわざアクロコルドンを解消するためにどこかの機関に通う必要もなく、自宅で自分のペースで出来るのもいいですよね。

 

イボケア商品の成分も多様にあるため、自分の肌質や使用感、仕上がりなどを考えながら、個々に応じた商品を選ぶことができるメリットもあります。

 

また専用ケアクリームには、イボに対する有効成分やスキンケア成分も含まれているため、イボそのものができにくい健康な肌を育ててくれます

 

イボの予防は、肌への摩擦や紫外線などのダメージを防ぎ、何より保湿することが大切です。

 

さらに食事や睡眠など、トータルで肌ケアを行うとイボ予防になるだけでなく、美しい肌も手に入れられますよ。

 

首イボにはアプリコットオイルが良い?杏仁オイルの効果的な使い方

 

まとめ

病院などでの処置に比べ、首イボ専用クリームは毎日の生活の中に取り入れるだけで簡単なアクロコルドンケアができるので、続けやすいというメリットもあります。

 

早期に発見しケアできれば、治療にかかる時間も少ないですし費用もかかりませんよね。

 

もしアクロコルドンを見つけても放置してしまうと、どんどん大きくなり、自宅でのケアが出来なくなってしまう可能性もあります。

 

人目に触れることの多い首元、アクロコルドンかなと思ったら大きくなる前に早めに自宅で首イボクリームなどでケアしていきましょう!

 

>>アクロコルドンをケアする首イボクリームのオススメはこちら