扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とはどんなイボ?扁平疣贅の対処法とは

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とはどんなイボ?扁平疣贅の対処法とは

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とはどんなイボ?扁平疣贅の対処法とは

イボの原因となるウイルスはヒトパピローマウイルスというウイルスで、その数はなんと100種類以上あります。

 

たくさんのヒトパピローマウイルスの中でも、特に顔にできやすいウイルスによってできるイボは扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)というものです。

 

顔にできてしまって非常に目立つイボ、扁平疣贅ができてしまったときにはどのように対処したらよいのでしょうか。

 

ウイルス性の首のイボとは?注意したい首イボの種類について

 

扁平疣贅とはどのようなイボ?どんな人にできやすいの?

扁平疣贅は、特に顔にできやすいイボの一種で、顔の肌の色と同じような色、または薄茶色をしているのが特徴です。

 

隆起の度合いはそれほど高いわけではなく、ほんの少し隆起していることがほとんどです。

 

このイボができる年齢としては、比較的若い20代にできる事が多く、年齢を重ねている人にはあまり見られないという特徴もあります。

 

20代でも首にイボができる?!20代の首のイボは老化現象なの?

 

若い人に多く見られる事から青年性扁平疣贅とも呼ばれています。

 

ちなみに、子供でもできるケースがあります。

 

良性となりますから、放置していても体に害を及ぼすものではないですが、自然と消滅するというケース以外にも、どんどん増えてしまうというケースがありますから、放置せずしっかりと対応しましょう。

 

ウイルス性の場合、完治するまで時間がかかったり、再発する事も否めません。

 

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とはどんなイボ?扁平疣贅の対処法とは

 

扁平疣贅はこんな事でもできやすい!

また、眉などのムダ毛を抜いた後も不衛生にしないようにしましょう。

 

特に男性なら髭剃りなどの後に毛穴などからウイルスを侵入させないようにする事も大切です。

 

蚊に刺された箇所を掻きむしったりしても良くはありません。

 

また、最近はメイクの一貫として、気軽に眉タトゥーなどを入れる方も多いのですが、こうした時に皮膚にウイルスが入りやすくなります。

 

オシャレで入れた眉墨が、イボ悩みに変わってしまうのは本末転倒ですよね。

 

女性にとってはタチの悪いイボ

扁平疣贅は10代〜20代の発症が多く、特にコメカミや頬付近にできやすいタチの悪いイボです。

 

肌のハリやツヤがあって最もみずみずしい肌世代をこの扁平疣贅が邪魔をする事になるでしょう。

 

このイボができるだけで、メイクでひたすら隠したり、気にしていじるなどの悪循環な行為をしてしまうのですから…

 

なぜこの若い世代に扁平疣贅ができてしまうのかは、はっきり分かってはいないのですが、この時期にイボで悩むなんてあまり好ましい事ではないですよね。

 

若い時期特有のイボだからこそ、早めに緩和させたいのです。

 

扁平疣贅の対処法

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とはどんなイボ?扁平疣贅の対処法とは

 

では、扁平疣贅ができてしまった場合には、どのような対処法があるのでしょうか。

 

対処方法を知っていることで、扁平疣贅を短期で改善したり、できにくくするようになります。

 

セルフケア

対処法としてまず試していただきたいのが、イボ専用クリームやイボケア商品によるセルフケアです。

 

昨今、イボ専用クリームやイボケア商品は進化を続け、今のケア商品には、イボを効果的に解消したり、イボを除去する効果が非常に高い成分が含まれています。

 

例えば、ハトムギエキスヨクイニンエキスが代表的なイボ除去効果をもたらしてくれるでしょう。

 

イボ専用クリームやイボケア商品を使えば、今までは病院を受診しなければ取ることができなかったイボも、スッキリと跡が残らないように解消することができるようになっています

 

それだけでも、時短やコスパにも安心しながらイボ悩みを解消できるのです。

 

イボ専用クリームやイボケア商品は、扁平疣贅ができたときにまず対処してほしい方法として頭に入れておきましょう。

 

そして早めの使用をする事で予後が明るくなるのです。

 

専門医での受診

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とはどんなイボ?扁平疣贅の対処法とは

 

あまりに多数の扁平疣贅がある場合や、扁平疣贅が酷くなってしまったような場合には、皮膚科や専門機関を受診することをおススメします。

 

首のイボを皮膚科で治療する時に前に知っておきたい基礎知識

 

扁平疣贅は、たしかに放置することで自然に治ってしまうというケースもありますが、放置することでより多数の扁平疣贅ができてしまうようなケースもあります。

 

扁平疣贅が酷くなるようであれば、受診して専門医と相談してみてください。

 

専門医での治療法

漢方などの飲用をはじめ、窒素冷却などによるイボの外科的治療などがあげられます。

 

首のイボは漢方薬で治せる?体質改善の方法について

 

窒素冷却はあらゆるイボ処置に効果的で、安全性も高いため、子供から高齢者まであらゆる年齢の方に対して施されるでしょう。

 

ですが、数回の窒素冷却を施さなければ完治しない為、根気強く通院する必要があります。

 

早めに完治させたいと思う人はレーザー治療を望む事が多いです。

 

ですが、レーザー治療後は、薄いシミになりやすかったりとデメリット部分もあげられます。

 

扁平疣贅が緩和しても、シミ悩みができるなどしてしまえば、さらなる肌トラブルに悩むと言う事になりかねません。

 

また、レーザーの場合、ウイルスの抗体ができにくいという特徴があるため、再発リスクは高くなるでしょう。

 

こうした美容にも影響を与えかねない皮膚科での医療処置は信頼できる医師とのカウンセリングをしっかりしてから挑みたいものです。

 

再発も心得る!

イボの再発は、少なくはありません。

 

しっかりウイルスが除去されても、免疫低下状態にある時は、何度でも感染しやすくなるのです。

 

その度に、医者での治療を受けるのも面倒になって放置気味になりやすく、イボを余計に悪化させてしまうでしょう。

 

イボが大きくなったり、広がりを見せないうちに家庭でのイボケアで阻止しておくべきでしょう。

 

扁平疣贅を予防する方法

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とはどんなイボ?扁平疣贅の対処法とは

 

扁平疣贅を未然に防ぐためには、どうしたらよいのでしょうか。

 

いくつかの予防法を解説します。

 

紫外線対策を万全に!

扁平疣贅は、皮膚が薄いところやデリケートな部分にできるということのほかにも、紫外線による肌ダメージが蓄積されたことによってできるという特徴があります。

 

扁平疣贅を未然に防ぐためには、普段から紫外線による肌ダメージを予防することが大切です。

 

なるべく傷を作らない

扁平疣贅の原因となるウイルスは傷口から侵入、増加するパターンが殆どです。

 

手足の擦り傷はもちろんの事、顔に傷などを作ってもウイルスの感染経路となりますから、傷の治療も怠らない事が重要でしょう。

 

ニキビなどを潰したりしない

ニキビができると、どうしてもいじったり、潰したりしてしまいがちですが、こうしたニキビトラブルからもウイルスは容赦なく侵入します。

 

特に扁平疣贅は思春期ニキビが全盛期の頃にできやすいため、ニキビができたら、清潔にしてウイルスを侵入しにくくしたいものです。

 

クレンジングや洗顔時の摩擦に注意

クレンジングや洗顔の時についつい力を入れてゴシゴシ洗ってはいないでしょうか。

 

摩擦が角質を剥がし、ウイルスだけでなく紫外線などの外的物質をも入れ込む無防備な状態となります。

 

洗顔は、泡で洗うつもりで優しく丁寧に洗いましょう。

 

少しでもイボの原因となるウイルスの通り道を作ってはいけません。

 

アトピー性皮膚炎は特に注意!

アトピー性皮膚炎の方も、免疫力が低下状態にあるため、ウイルスが侵入しやすい傾向にあります。

 

アトピーの痒みで、かきむしり、傷ができてしまい、ウイルを侵入する経路を作りやすくしています。

 

アトピー、イボ、どちらにも悩まされる事のないようにしたいものです。

 

早めのセルフケア

扁平疣贅を見つけたときには、なるべく早い段階でセルフケアを始めることを忘れないでください。

 

小さいうちにイボ専用クリームやイボケア商品で対処することで、短期のセルフケアで扁平疣贅を完治させることができます。

 

睡眠を十分に!

扁平疣贅の原因となるウイルスの侵入経路となる傷口を正常な状態に戻す事や、肌の生まれ変わりなどを充実させたりする時間は睡眠時間にあります。

 

肌に良いとされるホルモンをしっかり分泌させる午後10時?午前2時には熟睡していると良いですね。

 

まとめ

扁平疣贅は通常のイボよりも、人から目につく目立ちやすい箇所にあるため、早めの治療やケアが望まれるでしょう。

 

また、若いうちにできてしまうイボなだけに、可愛いメイクアップもイボのせいで、断念しないようにしたいものです。

 

「ちょっと痒みが出てきたな」とか、「チクチク痛むな」などと扁平疣贅の兆候が出てきたら、早めに自宅でイボケアをすべきでしょう。

 

病院治療をする前に完治する事も少なくありません。

 

>>イボ専用クリームのオススメはこちら